鹿島道路は環境事業で社会的な責任と役割を果たしている

■鹿島道路は環境事業・環境保全に力を入れている

鹿島道路は、環境事業に力を入れているようです。土壌汚染や埋設廃棄物など、日本国内だけ見ても多く取り沙汰されている環境問題について、問題解決を図っています。
基本方針の中にも、社会資本整備を担う建設業者として環境方針を定めているのです。それは、快適な環境づくりに対し、重大な役割と責任があるのを自覚しているからでしょう。建設工事、舗装工事、その他の業務においても、環境に配慮しています。

■鹿島道路が調査から浄化まで一貫対応

不動産では、土地や家の売買で、土壌汚染の問題が重要事項として取り上げられます。土壌汚染があれば売買で大きなトラブルに発展しかねません。化学薬品を日常的に取り扱う工場でも、解体をするときは細心の注意が必要です。建造物を建築する場合でも同じでしょう。
鹿島道路は、土壌汚染のような問題解決にも一貫対応できるそう。調査や浄化をはじめ、モニタリングまで各専門業者へ個別に依頼する手間を省けるのです。一貫対応が可能だからこそ、問題解決までスピーディーに行えるのでしょう。

■社会資本整備を多数行ってきたからこそ環境問題に対応できる

調査も浄化もモニタリングも専門知識は必須ですが、一般的に経験の豊富さも対応するための重要な要素です。鹿島道路は、社会資本整備に対しても、舗装工事や建設工事で多数携わってきました。蓄積された経験と技術とノウハウによって環境問題に対応できます。
油分、VOCの浄化に関しては、低音加熱のドラムソイル工法、エアースパージング工法を駆使。同時に、土壌や地下水汚染浄化技術の開発を実施しています。指定調査機関として指定されていることも、信頼性の高さを証明でしょう。

■花壇整備や清掃活動など環境に関した取り組みを行っている鹿島道路

鹿島道路はCSR活動を行っています。2020年10月に、北海道開発局が発注した「12号江別市野幌電線共同溝設置工事」において、その沿道を清掃し、花壇整備を行い環境美化に貢献しています。
2020年8月は、広島中区国道54号線沿と市道比治山東雲線沿いのバス停や歩道の清掃を行いました。7月に、北海道支店が近隣小学校の花いっぱい運動に参加し、児童と教職員と一緒に花の苗をプランターへ植え替える作業を行っています。建設と舗装を担う社会的責任を持った企業として、鹿島道路は環境づくりに貢献しているようです。

■鹿島道路は環境事業を通じて安心を提供

土壌汚染や埋設物など、環境に関する問題は不動産売買をはじめエリア一帯の健康問題にも関連する重大事項です。鹿島道路では、社会資本整備に関連する工事全般を担った中で培った経験と技術力による実績があります。環境問題に危惧を持っている方は仕事として携われるでしょう。

Categories: Uncategorized