鹿島道路が行うPPP・PFIは社会に不可欠な公共施設の質を高める

■鹿島道路はPPP・PFIで社会基盤の整備に寄与

PPP・PFI事業に、積極的な姿勢で取り組んでいるのが鹿島道路です。鹿島グループ内での位置づけは中核企業のため、多くの舗装や建設の実績があります。普段、利用している公共施設には快適性や利便性が求められるものです。
鹿島は実績と技術力を背景にした自信があるからこそ、PFI事業にも積極的に取り組めるのかもしれません。

■鹿島道路が取り組むPFIは快適な公共サービスを提供できる

鹿島道路が積極的に取り組んでいるPFIとは、プライベート・ファイナンス・イニシアティブのことです。公共施設の設計や建設や維持や管理を、民間と協力し、民間主導で行うのを目的にしています。小さな政府や民営化という点から取り入れられるようになりました。
公共サービスに民間が入るメリットは、効率性や効果的なサービスの提供という点が大きく、民間の資金やノウハウも活用できます。より快適で利便性の高い公共サービスが提供できれば、日常生活の豊かさにつながるのです。鹿島道路は、建設工事や舗装工事などでPFIに取り組み、公共サービスの充実に貢献しているようです。

■鹿島道路の手がけたPPP・PFIは空港や学校給食センターなど多数

鹿島道路が、PPP・PFIを通して行った実績は多数あります。空港や学校給食センターの他に、公共施設の総合管理計画を助けるような情報を提供しているそうです。
高速道路や空港や料金の徴収が必要な公共施設に関し、所有権は公的機関に残して運営だけ民間事業者に売却するコンセッションもサポートしています。
地方公共団体が保有する不動産の管理と活用を合理的なものにするPREにも、取り組んでいるようです。すでにあるビジネスだけを視野に入れるのではなく、新しいビジネスに積極的に取り組んでいるのも強みといえるでしょう。

■鹿島道路は信頼性を高める取り組みを行っている

PPP・PFIは、信頼性の高い企業でなければ、ステークホルダーの方々も不安でしかありません。鹿島道路では、信頼性を高める取り組みを積極的に行っているそう。コンプライアンスを徹底し、内部統制システムの整備を重視しているのです。
実際、鹿島グループの企業行動規範を採択し、役員から社員まで理解と実践に取り組んでいますし、研修を通し、浸透しているか確認、コンプライアンス意識を高めていることからも本気度がうかがえます。
談合防止体制や法令遵守、反社会的勢力排除体制、監督官庁や発注者からの指針やガイドラインの対応など、適正な取引と施工体制にも取り組んでいるようです。

■鹿島道路が行うPPP・PFIで快適な生活と社会貢献

鹿島道路はPPP・PFIで、公共サービスによる快適な生活に貢献しているようです。民間連携で、各地域のみならず、日本国中の生活環境の向上を目指しているそうです。大規模なプロジェクトもあるため、より多くの人々の幸せに寄与している企業なのでしょう。

Categories: Uncategorized