笑顔になれる鹿島道路の景観舗装と外構と造成づくり

■鹿島道路が手がける景観舗装は人々の心をおだやかにする

鹿島道路が対応する業務のひとつに、景観舗装や外構・造成があります。日常生活の中へ自然に溶け込んでいる風景は、綿密に練り上げられた計画と人々との協力で作り上げられているのでしょう。
鹿島道路は美しい景観づくりを、舗装工事や建設工事でサポートしています。環境にも配慮した景観舗装や外構や造成を通し、快適な日常生活に貢献しているのです。

■鹿島道路は快適な都市空間を通して街の風景を作る

鹿島道路が作り出す街の景観は、自然を重視しているようです。鹿島道路は、心と体を癒すという考え方を持っていますが、自己中心的で一方的に行う方法は採りません。地域社会との同意や協力関係がないと、上手くいかないと考えているようです。
計画を練る段階から、施工中も地域密着体制で行います。豊富な景観舗装の経験に基づき、人々が自然と笑顔になれる街路づくりを目指しているでしょう。あざやかなカラーリングと共に、自然と調和した景観づくりにも力を入れているようです。

■自然を豊かに取り入れた外構と造成

鹿島建設が手がける景観舗装は、見た目の華やかさだけ重視しているわけではないようです。鹿島建設で採用されている考え方のひとつに「新しい生活空間の創造は住みやすい環境につながる」があります。デザイン性だけにとらわれず、外構や造成を通じ、住みやすい環境づくりを目指しているのでしょう。
たとえば、ショッピングモールの駐車場や、学校のような公共施設周辺の区画整理が挙げられます。鹿島道路の街づくりは、自然との調和を目標とし、光や風や緑の豊かさも目標にしているようです。

■商店街から中央公園まで幅広い実績がある

景観舗装や外構・造成分野で、鹿島道路は、多くのプロジェクトに取り組んできました。広島や群馬の商店街、明治神宮の道石板舗装工事も、鹿島道路が手がけています。奈良県の国営飛鳥歴史公園の工事も実績のひとつです。
外構・造成の分野では、大阪府の寝屋南土地区画整理事業、愛媛県や愛知県の太陽光発電所を手がけました。
千葉県のプレミアムアウトレット、新潟県立武道館建設外構、帝京大学町田キャンバスも鹿島建設の手によるものです。日本全国に、鹿島建設が手がけた景観舗装や外構や造成があり、快適性や美観まで含めて街づくりに貢献しているようです。

■鹿島道路は魅力的な景観づくりで快適な環境づくりを行っている

何気なく歩いている街の秩序は、景観や外構・造成を手がける人々がいるからこそ成立しています。無秩序なら移動しづらい、目的の場所にたどり着くまで回り道も必要となり、相当の時間がかかるでしょう。景観も無秩序なら雑然としており、心にも悪影響を与えかねません。
鹿島道路は、景観や外構・造成を通じ、快適な生活空間づくりを実現している企業と言えるでしょう。

Categories: Uncategorized

海外事業を展開して存在感を高める鹿島道路

■鹿島道路は海外でも舗装工事をしている

鹿島道路が海外事業をスタートしたのは、1970年代です。世界中の国々で舗装工事を行い、タイやベトナムにも現地法人を設立しました。2021年に入ってからも、日本国内だけに留まらず海外へ視野を向けているようです。
海外で事業展開し、世界中に鹿島道路と共に、日本の技術力の高さをアピールしながら存在感を高めています。

鹿島道路の求人情報はコチラ

■鹿島グループとして世界各国で舗装を行う

1970年代から世界各国で舗装を行ってきましたが、2000年10月には独立部所も創設しています。アフリカやアジアのODAを中心とした事業を行い、2005年にはタイに、2015年にはベトナムに現地法人を設立。
舗装に限らず、現地スタッフの教育もサポートし、自動車工場のテストコースや工場の外構や地盤改良を手がけました。
長年、舗装や建設の工事を国内外で行ってきた経験が、活かされているようです。日本国内にはない環境も、鹿島道路の技術力を高める要因と言えるでしょう。

■日本国内に留まらず世界に出たい方や貢献したい方はチャンス

タイの現地法人KPOは、タイのODA事業の協力により、鹿島道路初の海外現地法人として設立されました。目的は舗装や地盤改良や造成工事や排水工事ですが、外構工事や土木工事全般を行っています。
独自の設計部署を設け、設計や積算で顧客をサポートしているのです。施工目的以外にも、鹿島道路が持っている技術の伝承や高品質なものづくりが土台にあります。KPOに関しては、新規事業としてメンテナンス事業にも積極的に参入予定のようです。鹿島道路グループの国内得意先で、タイへの進出を検討している企業やゼネコンの相談も受け付けているそうです。

■ベトナム現地法人KRVをホーチミンに設立

タイについで2番目に進出したのは、ベトナムです。2013年、前身の鹿島建設工事建設外構工事を、本店直轄工事事務所としてスタートし、2015年3月には、KRVとしてホーチミンに誕生しました。以降、鹿島グループ、日系ゼネコン、ローカルゼネコン、日系メーカーや日本人学校からの依頼も受け発展を続けています。
タイのKPOと同じく、設計、積算段階から顧客のサポートと提案。セメント地盤改良に関しては、タイの顧客がベトナム進出の際に協力を仰ぐなどお互いの現地法人とのつながりも生まれているようです。

■鹿島道路は今後も海外展開も視野に向けている

鹿島道路は、今後も海外での事業展開が期待できるでしょう。ベトナムのKRVでは、鹿島道路100%の子会社として株主の変更もあり、資本金も増やしたそうです。
建設工事や舗装工事の分野で、海外にも興味がある方もいるでしょう。海外でも品質の高さが評価されているため、舗装や建設を通じて外国の発展に貢献したい方は、鹿島道路を選択肢のひとつにいれてみてはいかがでしょうか。

Categories: Uncategorized

鹿島道路は環境事業で社会的な責任と役割を果たしている

■鹿島道路は環境事業・環境保全に力を入れている

鹿島道路は、環境事業に力を入れているようです。土壌汚染や埋設廃棄物など、日本国内だけ見ても多く取り沙汰されている環境問題について、問題解決を図っています。
基本方針の中にも、社会資本整備を担う建設業者として環境方針を定めているのです。それは、快適な環境づくりに対し、重大な役割と責任があるのを自覚しているからでしょう。建設工事、舗装工事、その他の業務においても、環境に配慮しています。

■鹿島道路が調査から浄化まで一貫対応

不動産では、土地や家の売買で、土壌汚染の問題が重要事項として取り上げられます。土壌汚染があれば売買で大きなトラブルに発展しかねません。化学薬品を日常的に取り扱う工場でも、解体をするときは細心の注意が必要です。建造物を建築する場合でも同じでしょう。
鹿島道路は、土壌汚染のような問題解決にも一貫対応できるそう。調査や浄化をはじめ、モニタリングまで各専門業者へ個別に依頼する手間を省けるのです。一貫対応が可能だからこそ、問題解決までスピーディーに行えるのでしょう。

■社会資本整備を多数行ってきたからこそ環境問題に対応できる

調査も浄化もモニタリングも専門知識は必須ですが、一般的に経験の豊富さも対応するための重要な要素です。鹿島道路は、社会資本整備に対しても、舗装工事や建設工事で多数携わってきました。蓄積された経験と技術とノウハウによって環境問題に対応できます。
油分、VOCの浄化に関しては、低音加熱のドラムソイル工法、エアースパージング工法を駆使。同時に、土壌や地下水汚染浄化技術の開発を実施しています。指定調査機関として指定されていることも、信頼性の高さを証明でしょう。

■花壇整備や清掃活動など環境に関した取り組みを行っている鹿島道路

鹿島道路はCSR活動を行っています。2020年10月に、北海道開発局が発注した「12号江別市野幌電線共同溝設置工事」において、その沿道を清掃し、花壇整備を行い環境美化に貢献しています。
2020年8月は、広島中区国道54号線沿と市道比治山東雲線沿いのバス停や歩道の清掃を行いました。7月に、北海道支店が近隣小学校の花いっぱい運動に参加し、児童と教職員と一緒に花の苗をプランターへ植え替える作業を行っています。建設と舗装を担う社会的責任を持った企業として、鹿島道路は環境づくりに貢献しているようです。

■鹿島道路は環境事業を通じて安心を提供

土壌汚染や埋設物など、環境に関する問題は不動産売買をはじめエリア一帯の健康問題にも関連する重大事項です。鹿島道路では、社会資本整備に関連する工事全般を担った中で培った経験と技術力による実績があります。環境問題に危惧を持っている方は仕事として携われるでしょう。

Categories: Uncategorized

鹿島道路が行うPPP・PFIは社会に不可欠な公共施設の質を高める

■鹿島道路はPPP・PFIで社会基盤の整備に寄与

PPP・PFI事業に、積極的な姿勢で取り組んでいるのが鹿島道路です。鹿島グループ内での位置づけは中核企業のため、多くの舗装や建設の実績があります。普段、利用している公共施設には快適性や利便性が求められるものです。
鹿島は実績と技術力を背景にした自信があるからこそ、PFI事業にも積極的に取り組めるのかもしれません。

■鹿島道路が取り組むPFIは快適な公共サービスを提供できる

鹿島道路が積極的に取り組んでいるPFIとは、プライベート・ファイナンス・イニシアティブのことです。公共施設の設計や建設や維持や管理を、民間と協力し、民間主導で行うのを目的にしています。小さな政府や民営化という点から取り入れられるようになりました。
公共サービスに民間が入るメリットは、効率性や効果的なサービスの提供という点が大きく、民間の資金やノウハウも活用できます。より快適で利便性の高い公共サービスが提供できれば、日常生活の豊かさにつながるのです。鹿島道路は、建設工事や舗装工事などでPFIに取り組み、公共サービスの充実に貢献しているようです。

■鹿島道路の手がけたPPP・PFIは空港や学校給食センターなど多数

鹿島道路が、PPP・PFIを通して行った実績は多数あります。空港や学校給食センターの他に、公共施設の総合管理計画を助けるような情報を提供しているそうです。
高速道路や空港や料金の徴収が必要な公共施設に関し、所有権は公的機関に残して運営だけ民間事業者に売却するコンセッションもサポートしています。
地方公共団体が保有する不動産の管理と活用を合理的なものにするPREにも、取り組んでいるようです。すでにあるビジネスだけを視野に入れるのではなく、新しいビジネスに積極的に取り組んでいるのも強みといえるでしょう。

■鹿島道路は信頼性を高める取り組みを行っている

PPP・PFIは、信頼性の高い企業でなければ、ステークホルダーの方々も不安でしかありません。鹿島道路では、信頼性を高める取り組みを積極的に行っているそう。コンプライアンスを徹底し、内部統制システムの整備を重視しているのです。
実際、鹿島グループの企業行動規範を採択し、役員から社員まで理解と実践に取り組んでいますし、研修を通し、浸透しているか確認、コンプライアンス意識を高めていることからも本気度がうかがえます。
談合防止体制や法令遵守、反社会的勢力排除体制、監督官庁や発注者からの指針やガイドラインの対応など、適正な取引と施工体制にも取り組んでいるようです。

■鹿島道路が行うPPP・PFIで快適な生活と社会貢献

鹿島道路はPPP・PFIで、公共サービスによる快適な生活に貢献しているようです。民間連携で、各地域のみならず、日本国中の生活環境の向上を目指しているそうです。大規模なプロジェクトもあるため、より多くの人々の幸せに寄与している企業なのでしょう。

Categories: Uncategorized

鹿島道路のスポーツ施設が未来のトップアスリートを生み出す

■鹿島道路はサッカー場やスタジアムも手がけている

鹿島道路は、サッカー場やスタジアムなど多くのスポーツ施設を手がけています。スポーツ施設はアスリートたちが最高のパフォーマンスを出すため、ピッチのコンディションには特別な配慮をしなければなりません。そのためには、プロアスリートのトップパフォーマンスを、最大限引き出せるグラウンドづくりが不可欠です。鹿島道路は、アスリートの要望に応えるスポーツ施設を建設しているそうです。

■浸透性や安全性がある人工芝のサッカー場やスタジアム

鹿島道路が手がけるサッカー場やスタジアムは、浸透性、安全性を持った人工芝を備えているようです。東京の小石川グラウンド、千葉県の八千代総合グラウンド、長崎県の平和公園市営ラグビー場、名古屋学院大学サッカー場などが実例として挙げられるでしょう。
技術はグラウンドに限らず、北海道の日高育成牧場にも反映されているようです。日高育成牧場は、高いレベルの施設と調教技術を持った牧場ですが、土台にあるのは、舗装工事や建設工事を含めた鹿島道路の高い技術力がうかがえます。

■男性女性関係なく幅広い人が活躍できる環境が鹿島道路では整っている

スポーツに関わりたいと考える方にとって、鹿島道路はスタジアムやグラウンドなど、スポーツ施設を造る仕事も選択肢に入れてもいいでしょう。
土木技術、建築、機械、事務など、それぞれでスペシャリストに成長するための教育研修体制が整っています。
基礎、実務、応用、部署管理、経営管理まで育成する環境があるようです。スポーツ施設を、元アスリート、スポーツファンの視点から作り上げられます。同時にそれは日本国内スポーツ界への発展にもつながるでしょう。

■女性が活躍できる場がある

女性でも活躍できる環境が整えられているようです。グラウンドやスタジアムを作るとき、女性の意見を反映したい方は鹿島道路を選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。
実際、女性技術者の採用が年々増加傾向のようです。女性たちの交流会「かじまるこの会」では、仕事や職場環境、メンタルのことまでサポートし、意見交換や外部講師を招待して研修会を行っているそう。現場見学会も開催し、女性技術者によるネットワークを広げています。

鹿島道路の女性が働ける環境づくりでは育休への取り組みが挙げられるでしょう。育休取得率、育休後の復職率は100%だそうです。産休について相談しやすい環境も整えられ、経済面からも、子育て支援手当の支給もあるのはポイントでしょう。
福利厚生施設として、保養所や提携宿泊施設もあるそう。鹿島道路では男女共に、気持ちよく働ける環境が整っているようです。

Categories: Uncategorized